ゲーム実況動画投稿、まこなこチャンネル登録19000突破、トータルウォー 三国志が・・・

ゲーム実況

節目のタイミングで取り上げているゲーム実況のお話です。

まこなこチャンネルが2019年6月28日の段階でチャンネル登録数が19000を超えました。

前回『ゲーム実況動画投稿、まこなこチャンネル登録18000突破、ラングリッサーが・・・』の18000から約2ヶ月で1000増えたことになります。

この期間は5月下旬に発売された「トータルウォー 三国志 total war three kingdoms」が主なプレイで、他は過去と同じような内容に。

直近まで「ラングリッサー 1&2」「海腹川背Fresh!」なども継続して動画を挙げていたような状況です。

また、新規タイトルとしては「Bloodstained」を唐突に始めたくらい。

「トータルウォー 三国志 total war three kingdoms」は、自分のチャンネルのメイン層であるシミュレーションゲーム、特にコーエーテクモではないものの、コーエーテクモ系の「三國志」を見てチャンネル登録した人にも親和性はあるだろうから、それなりに見られるのかな、と思ったり思わなかったり。

結果としては、チャンネル登録者に見てもらえたような気はしませんが、なぜかそれなりに見られた動画があり。

一つは1ヶ月程度で7万視聴回数、他、4万、3万と、それなりの結果となりました。

だが、この結果は結局のところ、YouTube上の仕組みでたまたま見られる状態になっていたからのようで、これを再現しようと頑張ってみたものの、まったくと言っていいほど似たような状況になることもなく。

数字が出てうれしかった半面、再現性が無いならあまり意味がないことを改めて実感。

YouTubeでは関連動画に載ると見られやすい、というのがあるのですが、まったく関連動画に載らずに数字を伸ばしていて、世間の見られるコツとかけ離れた状態でした。

見られた動画と比べて視聴者維持率が高い動画ですら、あまり見られないという悲しい結果もあったりするので、どう考えたらいいか悩みどころ。

「トータルウォー」シリーズの日本での知名度の無さも相まって、なかなか見られる状況にならず。その反面、知名度が無いからこそ、他の人があまりプレイされず、見られる機会が増えた、という側面も当然あります。

そんな状況を経ながら、結局は「トータルウォー 三国志 total war three kingdoms」が発売される前と同じくらいの一日の視聴者数に落ち着き。

正直、チャンネル登録を増やす、という点では、もうどうにもならないという絶望を感じつつ、日々動画を取っております。

このほか「Bloodstained」は数字こそ伸びないものの、PS4などのコンシューマー版が発売される段階で結果が出ればと思っていたりします。

と、いったところです。

次のチャンネル登録2万はできれば9月のゲーム実況初めてから4年のタイミングで達成できればと思うがさてさて。

まったくその間に自分のチャンネルに適した注目タイトルも出ないので、厳しいところ。

とはいえ、以前から述べているように、チャンネル登録のためだけのチャンネル運営をする気はなく、あくまで自分がやりたいゲームをプレイログのような形で残すのが一つの目的でもあるため、その本分を忘れずに今後もゲーム実況をしていきます。

タイトルとURLをコピーしました